チエゾーさんち

マンガで綴る我が家の日常。海外育児応援しています!

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

只今療養中

こんにちは、いつもブログに訪問してくださってありがとうございます。


コメントも沢山頂き、本当に嬉しい限りです。お返事を書くことがなかなかできず、申し訳ございません。


というのもですね、私、近頃体調不良で寝込んでいるのです。



只今療養中


原因は過労。



車事件発生後、あまりに頭痛と体調不良が長く続くので、内科を受診したところ、「過労、肩こり、ストレスによるものですね」と言われました。


子ども達の学校や幼稚園、普段は泣きっ子チアをおんぶして引っ越しの後片付けや家事育児労働を休みなくしていたところ、疲労の蓄積で体が悲鳴を上げちゃいました。



お医者さんからはさらにこんなことも。

「とりあえずは頭痛薬で症状を和らげつつ、休養を取ってください。でも症状がひどくなるようだったら、くも膜下出血や脳溢血も疑われるので、検査をしましょう」

と。





ううむ、、、、、。




主婦労働で過労死しても、労災はおりないんだぞ。

それなら残される子ども達のために、高額な生命保険に入るべきか?


いやいやいや。


健康を取り戻して、子どもを養育するのが先決だろう。


チアちゃんなんか、まだ赤ちゃんなんだぞ。あと20年生き延びたいとは言わないけれど、最低でも10年は生き延びて育て上げないと、親の義務としてまずいだろう。





ということで、健康を取り戻すまで、ブログの更新およびコメントへのお返事をしばしお休みします。

お見舞い不要です。

とりあえず寝ます。

寝て元気になってまたみなさまにご挨拶したいと思います。

って、チアちゃんがのしかかってくるので、寝ててもなんか休めないんですけれどね、、、、、。



アクセスランキングバナー ←元気にな~あれ!にクリック。
スポンサーサイト

| 日本生活立ち上げ | 12:20 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

車事件、解決

車事件の記事では沢山のコメントを頂きまして、ありがとうございます。


車事件が発生してから3週間余りがたち、ようやく心も体も回復してきました。

あんまり調子が悪くなったので病院に行っタヨ~。




みなさまからの叱咤激励、大変ありがたかったのですが、ここ3週間は本当に大変で、試しに近所を運転してみたのですが、、、、。

車1


精神的なダメージによる貧血で、走行不可~~~!


具体的には、

信号無視?

交差点での確認なし?


お巡りさんゴメンナサイ。


お、恐ろしい、、、。

私は運転歴15年、無事故無違反の優良ドライバーです。

が。

今回は本当にダメージが大きくて、常にアタマがふらふら、目の前が薄暗く見えて、信号を見ても

「目の前の信号は赤、曲がる先の信号は青、あ、青だから曲がるんだ(ハンドルを切る)」

といったぐあいで、判断能力がほぼ全くなくなってしまった、今思い出しても冷や汗ものの恐ろしい試運転。


1キロ弱トライしてみて、回らない頭なりに、こりゃ、車に乗り続けてたら事故を起こすな、、、、、(汗)、と即断し、その後は車を運転するのを控えてました。



その後数日を経て、おそるおそる再び運転にトライするも、緊張しまくってあぶら汗だくだく、もう一生車を運転することはできないかも、、、と思いましたが、何とか安全に車の運転ができるまでに回復いたしました~。






今、ですか?


夫とも和解して、仲良くやってます。


だって、



近所の広い駐車場を借りたから。


車2



車庫入れラックラク!


このあたり、月極駐車場がエラク安くて助かった~。




「そんなの、もったいないから車庫入れぐらいがんばれよ?」

ってご意見もあるかと思います。

でもね。

ここまでこの車から精神的ダメージを負ってしまった自分を目の当たりにすると、安全のためには無理しない方が賢明ですよ。


というか、「車庫入れがんばろう!」という叱咤激励を、他の誰からでもなく自分に言い聞かせ続けた結果、卒倒して病院行きですわ。


今の私に必要なのは、「がんばれ」じゃなくて、「もう十分がんばった。少し楽になれる方法も探そうよ?」ということ。



思えば今年に入り、ニカラグアからの帰国準備と日本での生活の立ち上げで、全然休んでいません。

日本に帰ったら寿司屋?温泉?

そんなの、もちろん行ってません

コンビニにすら1回しか行ってないぞ。




わたしの過労状態で起こったこの車事件。

おかげで自分の健康や、家族の幸せのために何を優先すべきか、夫婦で深く考えさせられました。



長くなりましたが、何とか平和に解決しましたので、みなさま、応援ありがとうございました。

また、頂いたコメントには後日お返事をしたいと思いますので、気長にお待ちいただけたらと思います。



アクセスランキングバナー  ←解決にクリック。

| 日本生活立ち上げ | 10:19 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

車購入事件

車購入1

ここ10日ほど体調を崩しておりました、チエゾーです。

どうしてそんなことになったかを書こうと思います。

今回はちょっと長いです。つらい出来事だったので、書いていて苦しいですが、ちゃっちゃと書いちゃいましょう。




事の発端は、「日本に帰ったら車を買わなきゃね」というところから。


ホンジュラスとニカラグアでは、道が悪いので首都生活でもごっつい4X4の車を乗っていましたが、日本ではかなり道路事情が違うので、どんな車にしようか?と時々夫と話し合っておりました。

ぱりぱりの都会生活ならいざ知らず、居住予定の現住所近辺は車がないとお話にならないような田舎。ましてや乳幼児が3人もいるので、車は必需品なのです。

車購入2

車は、買い物や子どもと移動するために使うつもりなので、メインドライバーは私になります。その私の意見は「町乗りの小回りがきく車が欲しいな~」というもの。

でも夫は「5人乗るんだから大きくないと!安全性を考えなきゃ!」という意見。



で、帰国してから、新居が決まるまでチエゾー実家に居候していた訳なのですが、、、

車購入3


マスオさん生活を余儀なくされていた夫のストレスが爆発!


ええ、、、じゃあ、、、、、夫の好きな車買ってきてイイヨー、とチエゾー、妥協。


というか、その頃は時差ボケと、コナの小学校入学準備と、ぐちゃぐちゃした帰国荷物に囲まれて、車どころじゃないって言うか、、、、、。って状況でしたので、反論する余裕もなかったのです。

夫にブチキレられるのもヤですしね、、、。



しかし車の代金を支払ったにも関わらず、待てど暮らせど、車こず。

車購入4


車の納車って時間かかるんだ~(泣)。

かろうじて私用に購入した子乗せ自転車で、新居への引っ越し後の買い出しや、子ども達の送迎をヒーヒー言いながらこなしていました。

飲料水なんて買う余裕ナイヨー。




で。

やっと先週。

車が納車されました。


車購入5



が。



車購入6


新居のせっまいカースペースにギッチギチに駐車されている車を見て。




私は。




車購入7



卒倒しました。




このでかい車マジ私運転すんですか!!!

というか車庫出しでさっそく家の前の塀にこすっちゃうよ!!!

一度こするだけならいいけれど、こすったところで家の前の路地の塀とうちのカースペースが広がる訳じゃないんだから、何度でもぶつけちゃうよ、これ!!!



というプレッシャーで、結局10日間ほど貧血でヨロヨロになってます。

まだ回復してナイヨ~。




発展途上国への子連れ海外赴任でも。

2度にわたる海外出産でも。

くじけなかった私の心をくじいたこの車。


夫が選びに選んだ車ですが、


夫、痛恨のワースト・バイ。



すまぬ夫、、、、その車は、私には重荷だ、、、、。



気力が回復したら、続きを書きます。


アクセスランキングバナー ←夫を慰めよう!にクリック。

| 日本生活立ち上げ | 17:28 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新居と学区

日々各種問題勃発中のチエゾーさんちです。

日本生活の立ち上げ、難航中。

チエゾー、今日は貧血で一日中ぶっ倒れてました(理由はまたの機会に記事にします、、、、)。


コメントを頂いたみなさま、お返事が遅れて申し訳ございませんが、しばしお時間をいただけたらとおもいます。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


さて、なんとか駆け込みで小学校に入学した長女。

しかし前々回の記事の如く、チエゾー実家での居候生活は、全員にものすごいストレスがかかるので、家を借りて引っ越しをすることになりました。


→本当は入学前に引っ越ししたかったのですが、一週間の間に手頃な物件を探すことができなかったのです、、、。トホホ。


で、物件を探すのにいくつか挙げた条件の中に、「同じ学区内で」というものを挙げました。

せっかく入学して、はじめはガッチガチに緊張していた長女が、毎日帰ってくる度に


「学校楽しい!給食おいしい!お友達できた!」


って嬉しそうにしているのを、即転校させるのは避けたかったのです。

コナが入学した学校は児童数が少なく、アットホームな校風で、帰国子女&気難しい性格のコナにはぴったりの学校だというのも理由の一つです。



でも、物件探しでは大きな問題が。

それは、市街化調整区域なので賃貸物件がゼロに等しいということです。

新居と学区1

「自然に囲まれた素晴らしい環境の学校=人家が少ない」ということです。

隣の学校は住宅地が多いのにね、、、。

でも隣の学校は、コナの学校より児童数が3倍も多いので、ちょっとなぁ、、、と、転校させるのに積極的になれません。


新居と学区2

それでもかろうじて見つけた3件ほどの物件は、どれも住む気が起こらないようなもの。

乳幼児がいるのに飲み屋が玄関になってる家なんて絶対にヤダし。



新居と学区3

で、仕方がないから範囲を広げて探してみて、ようやく気に入った物件を見つけたのですが、当然の如く隣の学区。


でもどうやら、隣の学区からでも「選択可能地域」ということでコナの学校に通うことができそうだ、という情報をつかみました。

新居と学区4

教育委員会に問いあわせたり。

小学校の校長先生に相談しに行ったり。


結果、コナの通う学校に引き続き通うことができました!

新居と学区5

せっかくね、馴染んできた先生やクラス、仲良くなったお友達と離れることにならなくて、本当によかったです。


コナ、環境の変化に人一倍神経質な子なので、転校したらアトピーが悪化したり、おもらししたり、気分が荒れたりするだろうなぁぁぁぁ~、と心配していたのです。



しかし。

隣の学校に通う、ということは、通学班は使えないということです。

校長先生や教育委員会からは、「保護者の責任において通学の安全を確保してください」と言われました。

ということで、

新居と学区5

毎日、自転車で送迎しています。

子どもが勝手に行って帰ってくるのが、母楽ちん小学生になった成長の証のようなものなのに、、、。

実家住まいだったら、小学校超近くて田舎道を通えてよかったのだけど、、、、。


それでもそのときベターな選択だったんだから仕方ない。


ということで、


晴れの日も!


風の日も!


雨の日だって!


コナを乗せて自転車疾走させています!!




ものすごく体が鍛えられている今日この頃です、、、。



アクセスランキングバナー ←疾走にクリック。

| 日本生活立ち上げ | 22:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コナの小学校入学

日本に帰国してから、いの一番でやってきたのが長女の小学校入学。

3月31日に日本に入国し、4月1日に自治体に住民登録し、4月8日に入学式、というハードスケジュールです。

今までは、子ども達が就学前期でしたが、なんといっても日本では学校は義務。

「住むところをゆっくり探して、落ち着いたら通学でもさせようか」

という訳にはいきません。


いや、住民登録しなければいいのかもしれないけれど、そうすると物件も探せないし、健康保険にも加入できないしね。



まああらかじめこの日程は把握済みでしたので、事前に用意できるものはいくつか用意しておりました。

入学式の服はニカラグアで購入。
ランドセルはニカラグアからインターネットで実家宛に購入。
小学校の学用品もチエゾー父に入学説明会に行ってもらい、購入してもらいました。

コナ小学校入学1

はじめて手に取る自分のランドセルに、コナは大喜びです。


コナは生まれて6年半、ずっと外国暮らしでしたので、日本の集団教育が初めてですから、親も本人も不安だったのですが、ちょっとでも入学を楽しみにしてもらえるといいな、と、ランドセルも本人が希望した水色のものをよういしました。



しかし母である私の、入学式へ向けてのノルマは山積み。

コナ小学校入学2

学用品と持ち物全部の名前書き!


ランドセル、体育着、お道具箱といった大物から、鉛筆消しゴムハンカチといったあらゆる小物に書かなければなりません。

200~300回くらいコナの名前を書きましたとも。


家事育児帰国手続きと平行しているので作業難航。し、死ぬ、、、。

コナ小学校入学3

中でも「算数セット」の名前書きは殺人的です。

すべての小物ひとつひとつに名前を書く!?

タイル、おはじき、算数カード、、、、

書いても書いても、エンドレス。


しかも購入し漏れていた上履きや筆箱なども買いに行かなきゃならないし、下の子達はギャン泣きするしで、もう訳がわかりません。




さらに自分の準備もしなくちゃいけないので、それがまたハードルが高くて~。(涙)

ママスーツも持っていないし、アタマは半年前に自分で適当にカットしたまんまでボッサボサ。化粧品も11個あるスーツケースのどこかから発掘しなくちゃならないし~。

子どもの成長を祝わないわけではないけれど、家事育児パス中ビジネススーツを持っている夫だけに入学式行って欲しかったです、、、、。

コナ小学校入学4

それでも実家と夫の協力もあって、スーツ即買い(高いのに選択している余地はない)の美容院1時間の、でなんとか格好をつけることができました。



しかし入学式開始30分前の様子はこんな感じ。↓

コナ小学校入学5


当日まで算数セットの名前書いてるし。

半裸すっぴんで赤ちゃんに授乳してるし。

みんなの支度もしなくちゃなんないし。


ええい、、、もう、、、、、っ


ダレカタスケテ、、、、、ッ!


って、泣いても作業が停滞するだけだから泣けないんだけど。



そんなこんなで、コナの成長が嬉しいというか、それどころじゃないというか(ゴメン)、そんな状況でしたが、なんとかコナは小学校に入学することができました。

コナ小学校入学6


コナの通う小学校は、私の母校でもあります。

入学式で歌われた校歌は、私にとっては懐かしい曲。コナにとっては、新しい学校生活の始まりを歓迎する曲です。

ここで、沢山お友達を作って、いっぱいいっぱい楽しく過ごして成長してくれると嬉しいです。



・・・・・・・・


コナの小学校入学、このあとまた一波乱あります。

それはまたこの次に。



アクセスランキングバナー ←カシャッとクリック。

| 日本生活立ち上げ | 06:13 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。