FC2ブログ

チエゾーさんち

マンガで綴る我が家の日常。海外育児応援しています!

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

家庭の味がナンバーワン

子ども達がインフルエンザにかかって、看病のため更新が滞っておりました(汗)。


埼玉のうどん」の続きです。

(我ながらしつこいな・・・でもオチなしっていうのもなんなので~)




関西育ちの夫は、東京に行ったときは常々思っていた。



埼玉のうどん9


東京で食べるうどんはそんなにおいしくない・・・。


まあ、東京のうどんやといっても行列のできるナンチャラなどではなく、駅の立ち食いなので、そんなに味が期待できる訳がないのですが。


(東京でがんばっているうどんやさんや立ち食いうどん屋さん、この記事よんで怒らないでくださいね。今までご縁がなかっただけですので、そのうちよらせていただきま~す)




そして埼玉で時々ふらっとうどん屋さんに入ると。



埼玉のうどん10


どのお店でも量が多くて!


麺はしっかりコシがあって、食べ応え十分!



しかも値段が安い~!



なんだなんだ、なんなんだ(夫の心の声)。


我が家は埼玉ったって、東京まで電車で40分もあればいけちゃうくらいの距離だよ?


それが、いきなり採算取れるの?ってくらい、質と量のボリュームアップになるって、なにが違うんでしょうね~ぇ?





でも、今回夫に指摘されるまで、うすうす私も感じていました。



数年前、結婚してから1年ほど大阪に住んでいたことがあります。


大阪といえばうどんが美味しいことで有名です。


当時は新婚で子どもがいなかったので、夫と四国をドライブしたこともありました。


四国といえば、讃岐うどん。


それらのうどんのメッカにいったら、当然うどんを食べます。


・・・・が。


私の心の中の感想は・・・・




埼玉のうどん11


なんだか物足りない・・・・。



大阪のうどんは、ダシ汁はおいしい。

讃岐のうどんは、めんにコシがあっておいしい。

でも、トータルでみると、具や麺が圧倒的に少ない。

そしてそんなにお安くない・・・・。


(これも、地元の人がオススメ!のスゴイ店に毎回行った訳ではないので、安くてボリュームたっぷりでおいしい!ってお店もあるはずです。ハイ)


安い・多い・旨いの三拍子がそろった埼玉のうどんを食べ慣れている身には、観光地価格のおうどんは、ちょっと物足りなかったのですな。




まあ、私も地元のうどんやを制覇しているわけではないですが。


なんといっても、自分スタンダードのうどんといえば。


埼玉のうどん12


父と母の手作り~!


父がうどんを打ち、母が天ぷら(自家製野菜が中心)を揚げる。

つゆは、まったくこだわらないので市販品の濃縮タイプ(笑)。

うどんもてんぷらも、食べても食べても食べきれないってくらい作るので、これだけでおなかいっぱい。



どこの産地のうどんが、というよりは、家庭の味が一番です。



しかし、こんなにうどんが旨い埼玉なのに、ちっとも自慢しない謙虚な県民性なのだなぁ~、と再認識した出来事なのでした。


そしてこの「埼玉うどん」シリーズを書き始めてから、夫のうどんリクエストが異様に増えた・・・・。


簡単に作れるから自分で作ってくれ~い!


(市販のつゆに、ネギと人参とシメジと豚バラ肉をたっぷり入れて冷凍うどんを投入して煮るだけ)


と思いつつも、これがまた夫や子ども達にとっての家庭の味になるのでしょうね。


アクセスランキングバナー ←うどんラブ。にクリック。

スポンサーサイト

| 埼玉よいとこ | 16:46 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

埼玉うどんの特徴

埼玉のうどんの続きです。



前振りが長くなってしまいましたが(汗)、今回こそは埼玉のうどんの核心に触れていきますよ~。


埼玉のうどん6


いわゆる「うどんの本場」というイメージの強い関西育ちの夫を驚愕させる埼玉のうどん。




埼玉のうどんは、関西のうどんとの決定的な違いがあるのです。




それは。








埼玉のうどん7


ネギの量!




そう、なんといっても、埼玉は。




埼玉のうどん8


全国生産量一位の深谷ネギの産地ですもの!



ネギ、それは薬味ではありません。


常に使うときはガンガンいきます。





なので、埼玉のうどんは。



ぶっといネギがぶつ切りでたっぷり入ってるよー。


しかも、付け汁は「ダシ&かえし」のシンプル系と対照的な、具材煮込み系。


ネギをはじめとして、にんじん、きのこ、豚バラ肉なんかが入っているので、旨味が凝縮!


といっても、煮込みうどんじゃないので、以外とあっさりとしているから沢山食べられちゃう!




こういううどんって、昔から家庭料理で普通に食べられていました。(自分の記憶では、いつも家でこんなの食べてた)


「埼玉のうどん」=「こういうもの」なので、改めて名称があった訳ではないと思うんだけど、最近よく「肉汁うどん」って言う名前でお店にでているのをよく見かけます。ここ10年くらいのムーブメントなんですかね。


私には当たり前のうどんですが、埼玉初移住(?)の夫にとっては、かなり衝撃の物らしい。


夫曰く、たまに東京に行くと、こういうタイプのうどんは見かけないんですって。


そして帰ってきて言う。


「うどんは埼玉のがうまい・・・!」


と。



ありがとう!夫よ!!




次回、もうちょびっと続きます。



アクセスランキングバナー ←たっぷりネギにクリック~。

| 埼玉よいとこ | 22:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

冬景色

「埼玉のうどん」の続きです。



以外と知られていないことですが、埼玉は小麦栽培が盛ん、でした。


初夏~秋は稲作、冬~春は麦作の二毛作です。


なので、昔の冬景色といえば、麦踏み。


何のために踏むかというと、霜柱で浮き上がった株をぎゅっとおさえ、また踏みつけることで株にストレスを与えてずんぐりと丈夫な株にするため、といわれます。



埼玉のうどん5

(「冬景色」2番より)



うちの近所では、今はちょびーっとだけ麦畑を見かけますが、こういう風景にはなかなかお目にかかることはない、ですね。残念ながら。


とはいえ、今でも県北では小麦栽培が盛んで、全国生産高6位です。


埼玉の地粉、まだまだ健在なり!!





アクセスランキングバナー ←麦踏みクリック。

| 埼玉よいとこ | 13:47 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「朝まんじゅうに昼うどん」

「埼玉のうどん」の続きです。



「埼玉でうどん」??



という夫の質問に対して、ふとこんな言葉を思い出しました。




それはですね。




埼玉のうどん3


「朝まんじゅうに昼うどん」




夫、


「なんじゃそりゃ~!?」


と、絶叫。



要するに「それだけ小麦を食べますよ」ということを言っているんですね。



そうはいっても、この「朝まんじゅうに昼うどん」は言葉の綾ではありません。



なにかある「もの日」には、朝からまんじゅうを作って、それを朝ご飯にする。


朝、お米を炊かなかったので、まんじゅうを作った日の昼はうどんを打って食べる。


という習慣があったのですよ。





実際、私が子どもの頃、といっても成人するくらいまではですね。


隣家の祖母がよくまんじゅう持ってきてくれました。


埼玉のうどん4


朝6時半くらいに。


どんだけ早起きしてまんじゅう作っているのだ・・・・



今でも隣家の叔母さんはたまにまんじゅう作って持ってきてくれます~。


(スゴイ美味しいのだ、それが。年1回、地元公民館のお祭りで売るのだけど、あっつーまに完売する人気商品)





うどんの話からずれましたが、「朝まんじゅう」の習慣がある地域って、他にあるのかな・・・・。




うどんの話は、また次回へ。


アクセスランキングバナー ←ホカホカまんじゅうにクリック~♪

| 埼玉よいとこ | 22:37 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

埼玉のうどん

我が家は埼玉県在住です。


私の生まれ育ちが埼玉で、私の母は根っからの土着埼玉民であります。


しかし私の夫は、「東京生まれ・大阪・奈良のニュータウン育ち・京都で学生」ですので、埼玉は私と結婚するまでは未踏の地でありました。


そんな夫と、地元埼玉・再発見するのはなかなかに新鮮でございます。


あまり特色がない、住みにくい、東京の植民地、等と不当な評価を受けている埼玉ですが、夫視点で見てみるとあ~らびっくり!それって常識じゃないんだ?っていうことが沢山あるのですよ。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



埼玉に住んで、夫がしきりに感心することの一つ。



埼玉のうどん1





それは、といいますと。






埼玉のうどん2



なんと、


「うどん」


なんです。



「えー、埼玉でうどんー?」



って思われる方もいらっしゃるかと思われます。


かくいう土着埼玉県民である私も「えー、そうかなー?」って夫に聞いたときに思いました(汗)。


しかしその埼玉うどん、話題にするまでもないくらい、日常生活に密着しているんですね、実は。




そんなに夫の心をかき乱す埼玉うどんとはどんなものなのか。




次回に続きます。




アクセスランキングバナー ←埼玉うどんにクリック。

| 埼玉よいとこ | 13:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。