チエゾーさんち

マンガで綴る我が家の日常。海外育児応援しています!

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

子どもの病気と看病

インフルエンザ発症から、一週間が経過した我が家。


ええもう、そりゃあ大変な一週間でしたよ。


インフルエンザB型と診断された子ども達、それぞれ処方されたお薬が違いました。

子どもの病気と看病1

コナには、抗インフルエンザ剤として吸入タイプのリレンザ、ドライシロップの解熱剤(カロナール)と咳・痰止め。

シュウには、抗インフルエンザ剤としてドライシロップのタミフル、シロップの解熱剤(同上)と咳・痰止め。


受診したかかりつけの小児科クリニックは、子どもの治療について色々と勉強して取り組んでいる好感度の高い先生で、タミフルは副作用がでることもあるから、できれば2人にリレンザを使いたいところだけど、シュウは小さいので吸入タイプは無理だろう、ということで上の通りの処方になりました。

そして「抗インフルエンザ剤は、効果があったらラッキーくらいに思ってください」とも。

人によっては、あまり効果がない場合もあるようです。



その後、39~40度の発熱がしっかりと続いた2人。


熱で苦しいのやら、体が痛いのやらで、本当にカワイソウでした。


また、鼻づまりがひどかったので、息ができない~!と苦しそうにしているのも、また不憫で・・・。




そして3日後、タミフルがうまく効いてくれたシュウは解熱し、回復へ向かいました。


が、コナにはリレンザが効かなかったらしく、その後も38度の体温が週末まで続きました。


熱がなかなか下がらないと親は心配です。


でも抗インフルエンザ剤に効果があまりなかったので、経過に気をつけつつ自然治癒を待つしかないのですね(涙)。


子どもの病気と看病2


でもまあ、40度の熱に比べれば、38度は随分と体が楽のようです。


ずっと寝ているのも本人がつらい、というので、少し元気が出たら本を読んだり折り紙を折ったりして過ごしていました。



子どもの病気と看病3


折り紙で紙風船を作った、といって、母に見せてくれるコナ。


病気なのに、けなげだわ~(涙)。





と思ったらですよ。




コナ、


「ほら、見て!」


と嬉しそうにですね、



子どもの病気と看病


ふーっと息を母に吹きかけました~。



おい・・・それ・・・


インフルエンザウイルスたっぷりなんではないかえ?


この時、母のインフルエンザ感染が確定された。




と、思いましたが、なんと私はインフルエンザに感染しませんでした。(スゲー)


ですが、すごおく気分が悪くなって、からだがだるくなったので、おかしい?!と思い、内科を受診したところ、「胃腸風邪」と診断されました。



職場は、胃腸風邪でも出勤停止です。



さ~て、今週もお休みだわ~っ。


子どものいる女性が働くのって、大変ですね・・・・フフフ・・・(涙)。



アクセスランキングバナー ←ふーっ、にクリック。


スポンサーサイト

| 姉と弟 | 14:17 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

初めての冬

前回に引き続き、話題が「初めてもの」です。


うちの子達は南国育ちです。


帰国したのが去年の春先でしたので、今年の冬は彼らにとって生まれて初めての冬。


寒くて大変かな?と心配したのですが、ところがどっこい毎日冬を楽しんでいる子ども達。


もうねー、雪が降ったときなんかねー、


初めての冬1


大興奮。



窓ガラスに張り付くコナとシュウ。


シュウに至っては、

「しゃんたしゃん(サンタさん)、くるの?」

と聞いてきます。


雪=クリスマス、というイメージが強烈にあるようです。





しかし、私達が住むここ埼玉では、滅多に雪が降りません。


からっ風が強くてとっても寒いんですけれどね。




でも、雪がなくとも楽しいものがあります。


それは、「霜柱」と「氷」です。



初めての冬2


日陰の永久凍土みたいな霜柱を片っ端からはがしていくコナ。


地面がボコボコになるからやめてくれ~



それにしても、素手でやってて寒くないんだろうか・・・





でもやっぱり、楽しいのは霜柱を踏むこと!


いつの時代でも、あのさくさくした感触、子どもにはたまらない楽しさです。


初めての冬3



幼稚園と学校から帰ってきて、まだ残っている日陰の霜柱を踏みます。





どんどん踏んで、




初めての冬4


まだまだ踏んでいきます。






でも母にとっては、ひとつ困ることが。



それは。




初めての冬5



靴を洗い続けなければならないこと。


ドロッドロなんですけれど・・・・霜柱がくっついたのが溶けて・・・・




寒くて手にひび割れができる今日この頃。



しばらく靴洗いボイコットしようかな。





アクセスランキングバナー ←手荒れにユースキン、愛用してます。

| 姉と弟 | 23:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夏の生き物ブーム

夏休みの理科研究ですっかり虫に興味を持った我が家の子ども達。





夏休みの前半、あれほどホットだったカブトのなる木

A


すべてのカブト達は寿命を全うして、そのシーズンを終えました。

木の下には無数のカブトの死体が~。


また来年の夏、もしくは冬や春先に幼虫にお目にかかるまで、サヨウナラです。




しかし、まだまだ暑い夏は続きます。


彼らの興味も続きます。


いや、むしろ加速してるっていうか、、、、







今、ホットなのは、カブトシーズンと入れ替わりに現れてきたセミ。



夏の生き物ブーム2


ニイニイゼミ、ゲットォ!

あ、シュウは抜け殻専門ね。














さらに先日行った近所の公園では、、、


夏の生き物ブーム3


アメリカザリガニ、ゲットォ!


初めてのザリガニ釣りで沢山釣れて、コナ大興奮!


あ、シュウはコナが捕まえたやつで大興奮ね。






そんな子ども達の自宅での過ごし方。

B



昆虫図鑑に夢中。


一冊だと取り合うので、数冊用意しました。


知識をぐんぐん吸収するコナ。

字が読めないのに、真剣に読むシュウ。(適当に名前をつけてる?)




熱い、熱いよ、子ども達!


まだまだブームは続きそうです。




アクセスランキングバナー ←あららむしにクリック。

| 姉と弟 | 17:58 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジョウチョフアンテイです

今回は上の子二人のお話です。


帰国してから、コナは小学校に入学、シュウは近所の幼稚園に入園しました。

コナもシュウも、はじめはそれなりに大変だったものの、ここのところ落ち着いてそれぞれ登校・登園してくれています。

ジョウチョフアンテイ1

各自で支度もできるようになりました。

はじめはなんでもやってもらわないとダメだったのに、、、。子どもは成長するものですね。



「子どもは成長するもの」と書きましたが、「子どもは環境にすぐに適応するもの」と一般的にいわれています。


うちの子達も、文字通り地球の裏側のニカラグアから日本へやってきて、この春は環境が激変しました。


で、「すぐに適応」したかというと。




そんなこたぁ全然ありませんでした。


もうね、二人とも、大荒れ。情緒不安定きわまりない状態とは、まさにこのこと。



学校で大人しくいい子にしているコナの場合。

ジョウチョフアンテイ2

家ではものすごい性格の悪い子に。

特に弟をいじめまくりです。


血が出るくらい強くひっかくし。

かみつくし。

つねるし。

ぼかぼかぶつし。

つきとばすし。



おぉ、、、、自分の娘が、こんなに典型的な悪い子モードだなんて、、、(涙)。

学校でいい子にしてなくていいから、家でもうちょっといい子になってて欲しいです。

いや、少なくとも

弟をいじめないでくれ。





そして弟はというと、姉にやられっぱなしではなく、反抗することもあるのですが、力関係でまだ勝てません。

幼稚園も先月から通い始めて、新しい環境に慣れるのに、小さいなりに大変なのでしょう。

ジョウチョフアンテイ3

時々、ギャン泣きスイッチオン!に!


あぁ、コナが3~4歳の頃、こんなこともあったなぁ~、と、デジャビュ、、、、。



そして情緒不安定の極めつけ。


ジョウチョフアンテイ4


Wおねしょでふとんびっちょり。



毎晩ふたりでおねしょするんだよ!

多いときは一晩で2回ずつするんだよ!

梅雨でふとんがかわかないのに布団がびちょびちちょだよ!


実家から古布団を寄付してもらって良かった。


新品だったら泣いちゃうよね。

いや、唯一購入した新品のマットレスは既におしっこのシミだらけだけど。



そんな子ども達の情緒不安定期も、一学期も終わりに近づいてきてようやく収束に向かっています。少なくとも、おねしょの回数は減りました~。



引っ越しで大変なのは親だけじゃないんだよね。

新しい環境って、子どもにはものすごいストレスがかかるんだよね。

ゴメンね、とはいわないよ。

だけどお互いにがんばろうねって、家族が心を一つにしていけたらって思うのよ。



しかし、

引っ越し人生、これが最終回じゃなさそうな予感がするんですけど(ブルブル)。

夫さ~ん。




アクセスランキングバナー ←心を一つに!にクリック。

| 姉と弟 | 10:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。